categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -





今の悩み、延々と。

アタシの人生思い返したら、笑っちゃうくらい絵しかなかった。



幼稚園の頃、お花屋さんになりたかった。
女の子は大抵、お花屋さんかケーキ屋さんかお嫁さんになりたいと言ってた。
小学校にあがると、今度はピアノの先生になりたかった。
当時通ってたピアノ教室の先生に、「ソレは無理だ」と言われて、その夢はあっけなく消えた。
3年生になって、従姉が漫画家になりたいというのを聞いて、アタシも安易に漫画家になるコトを夢見た。
ソコからアタシは、ずっと絵と一緒に生きてきたんじゃないだろうか。

始まりは安易でも、それから漫画を読み出して、本気でなろうって決めてた。
その頃から、アタシは「諦める」というコトが嫌いだったんじゃないだろうか。
一度決めたんだから、と、結局その夢は高校卒業するまで追い続けた。
漫画に勇気や元気を貰ったコトがたくさんあって、アタシもこんな風に感動を与える仕事がしたいと思えた。
小学校の卒業式に、「感動を与える仕事に就きたいです」と言って、卒業証書を受け取った記憶がある。

小学校では友人達と、大学ノートにコマ割して、たくさんの漫画を描いた。
中学校に上がって、初めて投稿というものをした。
もちろん、技術も知識も皆無なアタシは、最も悪い成績で返ってきたけど。
中3の時、同人活動という存在を始めて知って、高校に上がったら自分もしようと決めた。
高校生になったら、バイトに明け暮れながら、同人活動を始めた。
お金のない高校生は、たいてい友人と割り勘で活動するもんだったけど、その頃からアタシは、一人でサクサク動くのが好きだったんだろう。
グループ活動を呼びかけてみたものの友人の反応は薄く、そんなのんびりやってるヒマはない!と、一人で動き出した。
もちろん、お金はめちゃくちゃかかって、周りから見たらバカなコトをやってる、と思われたコトだろう。
一般ウケするかわいい絵柄でもなかったし、かといって、構成力や画力があるワケでもなし。
当然いつもイベントでは全くと言っていい程売れず。
それでも、自分で印刷所を調べて、原稿の描き方を勉強したり、直接印刷所に原稿を持っていって本について相談したコトもあった。
初めて、自分の作った本が出来た時、初めてカラー原稿をデータ送信して出来上がった箱を開ける瞬間、本当に嬉しかった。
印刷物特有のあの匂いを嗅ぐと、あの頃を思い出して懐かしい。

高3になって、いよいよ大学進学という時期になった。
中学の頃は、大学なんて行く気ありません、と言っていたけど、周りに流されるように「大学は行かなきゃ」と思った。
どうせ漫画を描くから、どんな学部でもいいかな、と思ってた。成績もそれなりに良かった。
だけど、3年生になって、漫画を描くなら美術系に行った方が後々役立つかな、なんて、ソレも安易な考えで、美術系を志望した。
特に大学を調べるワケでもなく、岡山に行こうと決めてたけど、当時赴任してきた美術の先生に、尾道がイイ!!尾道に行け!!と強く言われ、じゃあ・・・・、と、またまた安易にソコを志望した。
美術というのはそんな易しい世界ではなく。
どんなに遅くても2年生の3学期からは始めた方がいい、と言われてたのに、アタシは何もせず出遅れて。
それでも、毎日毎日デッサンして、秋からは広島の予備校に通って。
正直、絵が好きだから、というより、ココまでしてくれてる先生方に悪いし、という気持ちと、ただ意地になってしまっていただけのような気がする。
漫画ばかり描いていて、絵画なんて学校の課題でしか描いたことなかった。
好きな画家もいないし、好きな絵を描けと言われても困った。
推薦で持っていく作品すらないような状態だった。
絵は勉強みたいに答えがあるワケでもない。
答えのある問題しか解いてこなかったアタシにとって、絵は未知との遭遇だった。

必死に努力して、多分受かるだろうと言われていた前期入試に落ちて。
後期には一緒に落ちて頑張っていた友人だけが受かって。

なんでだか分からないけど、アタシはもう尾道じゃないと嫌だ!と言って。
滑り止めで受かってた美術短大を蹴って。
広島に通いながらの浪人生活を決めた。
両親には本当に迷惑をかけたと思う。

浪人した1年で、絵は奥が深いと改めて思い知った。
自分に才能がないコトも十分分かった。
アタシは「初めて」のモノは絶対に失敗するタイプだって思った。
同期の浪人生に比べて、あまりにも知識がなく。技術もなく。
でもただ、がむしゃらに毎日描いた。
怒られて、描けなくて、泣いた日も数えきれない程ある。
もともと粘り強い性格だったんだろうけど、アタシの諦めの悪さはこの頃鍛えられたんじゃないか、と思う。
絵がなんとなく好きだって、感じたのもこの頃だった。

今思い返せば、漫画家になろうと決める前も、地域の絵画イベントとかに母親と行っていたなぁ、と。
元々、母親自身、絵が好きだったんだろう。
そんなアタシを見て兄が、「お前、画家になったら?」って言った。
その言葉だけ、今でもずっと覚えてて、ソレを浪人中思い出して。
アタシ、画家になろう、って思った。
ソレがアタシと漫画のお別れだった。

心底絵が好きだ!と思ったのは、やっぱり大学入ってからじゃないだろうか。
中学の時、大学行きません、と言っていたのは、何も考えてなかったけどアタシの本心だったんだろう。
アタシは昔から、学校という箱みたいな空間が苦手で。
大学に行って、こんな箱の中で生活するのは嫌だ!!って逃げ出した。
才能なんてないアタシは、絵だって他より全然ウマクいかなくて。絵からも逃げ出した。
大学を辞めよう、と何度も思った。
大学に行かない時期も何度もあった。
最後に、引きこもってた時期に、本当にいろいろ考えて、卒業だけはしようと決めて、大学に戻った。

画家になるなんて、もう思わなくてもいい。
絵を仕事にしようなんて、思わなくていい。
アタシはアタシのペースで、アタシの描きたい絵を描けばいい。

そう思ったら、少しだけ肩の力が抜けて。
絵を心底楽しめるようになった。
絵が本気で好きだ!!どんな形であれ、一生描き続けよう。
そう思ったのは、この時だった。

教授が言ってくれた言葉。
「絵は誰のものでもない。
世界中でたった一人、自分自身が、この絵は素晴らしいって思えれば、それで絵は成立するんだ」
その言葉で、周りの目ばかり気にしていたけど、自分自身の為に描こう、と思えた。






今。

就職をどうしようか、って悩んで、自分自身を思い返してる。

大学に入った時は、画家になる!って本気で思っていたから、フリーターをしようって決めてたし、就活なんてさらさらする気はなかった。
大学1年の時から始めた、結婚式場のバイトがすごく楽しくて。
そうゆう要領だけはイイからグングン伸びて、半年で今の役職について。
会社の方から、「就職してくれ」と言われて。
今のトコロに就職しよう、って決めてた。
「必要としてくれるなら」なんて、後付の理由を言い訳にして。

とある人に、「それで将来のヴィジョンが見えるの??」って言われて。
ソレで、またまた安易だったアタシは、考え直すコトにして。
ただ就活がめんどくさいから、流されるように今のトコに就職しよう、って決めたんじゃないか。
もっと、安定した大きな会社に就職した方がイイんじゃないか。
絵本が描きたい、って思ってるなら、編集関係の仕事に就いた方がいいんじゃないか。
でも、そうしたら、今のように自分のペースを守って絵を描き続けるコトは出来ないんじゃないか。

そんなコトを延々、延々ぐるぐると考えていて。
今、思い返してみたら、案外アタシの人生、安易な考えで進んでるなぁ、って思う。
そんで、ホントに絵しかやってこなかったなぁ、って。



絵を辞めよう、って思って。
絵を辞めれなかったから。
でも、やっぱりデザインとかの仕事はなんか違う気がするし。
自分の好きなモノを描いて、それを誰かに認めて貰おう、なんて。
それこそ安易の極みなのかもしれない。



先のコトを考えるのはダイジだけど。
先ばかり心配して、今を楽しめないんじゃダメなんじゃないか、って。
アタシはそう思って生きてきたのに。

アタシは、就活の為に、ダイジな4年生の時期に絵を思うように描けない、なんてのはイヤだから。
だから、就活はしたくない。
だけど、それはただ、だらけてるだけなのかな?
とりあえず、なんて甘いのかな。

目の前のコトを追って、何が悪い!!
と思う自分と。
なんとかなる、なんて甘いのか。もっと先を見なきゃいけないのかも・・・
と思う自分。



とりあえず。
何もせずに悩むなんて、って思って。
リクナビとかマイナビとか登録してるけど。
説明会の予約をいざ、してみて。
エントリーシートと対峙してみたら。
いよいよ、そうゆうコトが嫌になって。

こんなに嫌だ嫌だ、って思ってるのに、そこまでして就活する必要があるのか、って。


アタシはそんなに高みなんて目指してないんよ、もう。
自分のペースで自分の好きなことをして。
結婚して、子供産んで、あったかい家庭を作って。
そんな平凡なことでいいんよ。

だけど、ソレはアタシの怠惰か、って。
もっと上を目指さなきゃいけないのかなぁ。
バリバリ働いて、お金を稼いで、いい役職に就くのが上を目指すってコトなの??
何か違うんじゃないかって。



アタシはやっぱり絵が描きたいんだよ。
絵が描ける環境があれば、ソレでいいんだよ。

だけど、何度そう思っても、周りが否定すると揺れちゃって。
ブレなければ、大丈夫なの??
どこまで柔軟であればいいの??



とりあえず。
予約した説明会。
そのまま選考に進んでしまうモノだから、キャンセルするべきかどうか、悩んでる。





JUGEMテーマ:就職活動







スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -





コメント
こんにちは(*^_^*)
なんだか大変な時期なようですね。
あたしから見ると、ちょっと考え過ぎって思う。。。
好きな事だけで食べて行くってホントに大変だから。好きな事が義務になるって、それ自体を嫌いになっちゃう可能性が高いから。
あたしはズルイかもしれないけど、普通に会社員やってます。土日休みの8時〜5時。
仕事は嫌いじゃないけど、希望してた訳でもない。母に言われて「まっ、いっか」って安易に決めた。
けど、一番良かったと思ってます。自由な時間とお金があるから。
会社の仲間にも自費出版で絵本書いてる子居たりするし。
あたしはあたしで趣味もたくさんあって。
知り合いの作家さんが言ってたの。「自分がホントに大切で大好きで生涯続けたいと思ってる事は、絶対仕事にしちゃいけない」って。
その作家さんも、それなりに認められてるのに仕事は別で持ってるの。だから作品展の近くは両立で大変みたいだけど、好きな事やる時のパワーはハンパないらしい。。。
はなさんの絵が好きって気持ち無くして欲しくないから。
余計なお節介です。が、こんな意見も有るんだと参考までに書いてみました。
頑張り過ぎるんじゃなくて、適度にガンバって★
  • 2008/04/08 11:45 PM
樹さん、コメントありがとうございますvv
なんだかこの頃は、ぐだぐだと同じことばかり考えてました;;今は少しだけスッキリした、というか、流れに身を任せてみてもいいのかもしれない、と開き直ってみたりしてます。笑
どんな風に進んでも、自分らしく、楽しんでいけたらいいな、って思ってます。
ダイジなものはきっとちゃんと残りますよね!!!
  • はな
  • 2008/04/10 11:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック